キシリトール講座 ①|筑紫野市の歯医者 やすもと歯科医院

キシリトール講座 ①

皆さんはキシリトールという言葉は聞かれた事があると思います

そもそも、キシリトールって何でしょう?

虫歯になりにくい❓歯にはいいの⁉️

数回に分けてキシリトールについてご紹介します😌

これはキシリトールの原料の一つである白樺の木です

 キシリトールは、甘味の仲間です。

自然界では多くの果実🍊や野菜🥬に含まれています。

例えば、イチゴ🍓には乾燥重量100g中に約300mgのキシリトールが含まれています✨

また、人の肝臓でも、1日当たり約15gのキシリトールが作られています。

私達がガムやタブレットなどのお菓子の形で口にするキシリトールは、白樺や樫などの木から抽出されるものを原料にして、工業的に作られています

自然界にあるキシリトールも、工業的に作られたものも、同じものなので、両者に差はありません。

 キシリトールは、日本では平成9年(1997年)4月に食品添加物として認可されました。しかし、それ以前から10年以上、輸液に含まれる糖質として使用されており、人体にも安全であることが知られています。

 また、米国では、その安全性から「1日にどれだけ摂取しても良い食品」として扱われています。

これでキシリトールの「姿」がお分かり頂けましたか❓

次回は甘味料としてのキシリトールをわかりやすくご紹介します😌https://www.yasumoto-dc.jp/?p=829&preview=true